眼瞼痙攣(けいれん)

診療MENU

ドクターズファイル Doctors File 当院のドクターが紹介されました

近所のドクター

インターネット予約

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

眼瞼痙攣(けいれん)について

眼瞼痙攣とは

両目の周囲の筋肉が自分の意思に関係なく痙攣(けいれん)して、目が開けにくくなる疾患です。
症状は目にあらわれますが、その原因は目やまぶたにあるのではなく、脳の内部の運動を制御しているシステムにあります。脳内から正しい指令がまぶたに伝わらず、まぶたの開閉がうまく機能しなくなります。しかし、通常は脳のCTやMRIでは明らかな病変がみられません。
特に女性に多くみられる病気であり、50歳代に生じることが多いですが、まれに20歳代や70歳代でも生じることがあります。

眼瞼痙攣の症状

眼瞼痙攣の初期症状としては、光をまぶしく感じる、目がショボショボする、まばたきが増える、まぶたのぴくつきがある、などが挙げられます。症状は、普通は両目に同様に生じますが、左右差が見られるケースも少なくありません。しばしばドライアイと間違われます。
症状が進行すると、まぶたが頻繁に痙攣し、目をうまく開けていられなくなるため、人や物に衝突してしまうなど、日常生活に支障が出るようになります。さらに進むと、自分の努力ではまぶたを開けられなくなり、視力には何ら問題が無いのに、機能的に目の見えない状態になったりします。 症状の進行は早くはないものの、治療せずに自然に軽快するようなことは、まずありません。普段は重い症状があるのに、診察室に入ると症状が出ないといったことも多く、心の病気と間違われることもあります。

眼瞼痙攣の診断までの流れ

1.問診
上記のような症状を覚えて医療機関を受診すると、まず問診を受けます。具体的な症状や日常生活の様子などについて質問がなされます。
2.検査
目やまぶただけでなく、他の部位にも運動機能がないか、十分な診察を行います。また、「軽くまばたきをする」、「まばたきを速く行う」、「強く目をつぶる」などの簡単な検査を行い、スムーズに行えるかどうかを確認します。必要に応じて画像検査を行います。
3.診断
眼瞼痙攣の診断は臨床症状で行われますので、経験のある医師による診察を受けることが重要です。特別な機器による検査で診断されるものではありません。症状が似ていて見分けのしにくい病気がいくつか知られていますので、それらとの鑑別を丁寧に行っていきます。診断が確定したら、重症度の判定を行い、治療法を検討します。

眼瞼痙攣の治療

眼瞼痙攣の治療法には、ボツリヌス療法、薬物内服療法、および手術療法などがあります。

クリニック概要

クリニック名
たまがわクリニック
所在地
〒241-0814
神奈川県横浜市旭区中沢1-46-7
二俣川クリニックモール 3F
電話
045-365-6677
FAX
045-365-6678
最寄駅
相鉄線「二俣川駅」より徒歩約7分 

内科・神経内科 診療時間

  日祝
9:00~12:00 - -
14:00~18:00 - 16:30
まで
-

休診日:木曜・日曜・祝日

漢方内科 診療時間

  日祝
9:00~12:00 - - -
14:00~16:00 - - - - -

ACCESSMAP

アクセスマップ

専用駐車場・エレベーター・車いす用トイレ完備


※土曜日は予約制となります。

土曜日の初診希望の方は、電話または予約サイトよりご予約の上ご来院ください。
直接お越しいただいた初診の方は、改めて別の日の予約を取っていただくこととなります。
なお、月曜・水曜・金曜および再診に関しては、これまで通り対応いたします。

休診日:火曜・木曜・日曜・祝日

インターネット予約