頭痛

診療MENU

ドクターズファイル Doctors File 当院のドクターが紹介されました

近所のドクター

インターネット予約

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

頭痛の種類

これまでの人生で、頭が痛くなったことがない方は、ほとんどおられないと思います。 かき氷を食べただけでも頭痛を生じるように、頭痛とはきわめてありふれた症状であり、市販の頭痛薬で対処しておられる方も多いと思います。
しかし、専門の医療機関で適切な診断を受けることにより、市販薬よりも効果が高い治療に出会えるかもしれません。
頭痛を生じる疾患には様々な原因があり、その種類により治療法も異なるのです。

頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛とに分類されます。
一次性頭痛とは、頭痛以外に他の病気がない頭痛であり、長年にわたる頭痛持ちの方の大半が一次性頭痛です。
二次性頭痛とは、くも膜下出血・脳出血・脳腫瘍・髄膜炎などの病気が存在し、それにより生じる症状の1つとして頭痛が現れる場合を指します。
二次性頭痛の多くは片麻痺・意識障害など頭痛以外の症状を伴うため、適切な診察および検査により見分けることができます。
ここでは一次性頭痛に限定して、簡単に解説します。

一次性頭痛とは

前述のように、一次性頭痛とはほぼ頭痛のみの症状が慢性的に続いたり、何度も反復したりするもので、頭痛外来を受診する患者さんの大半を占めております。
頭痛が強い場合や、吐き気を伴う場合などでは、日常生活に支障をきたすことも多いため、適切な治療を行う必要があります。 主な一次性頭痛として、以下の3つがあげられます。

薬物乱用頭痛とは

慢性的な頭痛をもつ方には、毎日のように鎮痛薬を口にする方も多く、決められた用法・用量を超えて内服している方も多いようです。 用量が少なくても、鎮痛薬を常用しているような方では、薬物乱用頭痛を生じている可能性があります。
3ヶ月以上にわたり鎮痛薬を常用している方で、月15日以上の頭痛があり、鎮痛薬が切れると著しい頭痛の増強がみられるような場合には、薬物乱用頭痛の可能性が極めて高いと考えられます。

薬物乱用頭痛を生じる方の多くは、もともと片頭痛などの強い頭痛に罹患していて、早め早めに薬物を服薬する癖がついたり、服薬量が徐々に増えてしまったりという行動の結果として生じてくるようです。 市販の鎮痛薬は手に入れやすいため、安易に購入して乱用に至ることもしばしばみられます。
治療は、原因薬物の中止・薬物中止後に起こる頭痛(反跳頭痛)に対する治療・予防薬の投与が中心となります。 乱用薬物の使用を中止することにより、2ヶ月以内に頭痛が消失する、もしくはもともとの頭痛パターンに戻ります。

今まで効いていた薬が効かなくなってきたり、薬の量を増やしているのに頭痛が強くなってきたりする場合には、薬物乱用頭痛の可能性もありますので、頭痛外来への受診をお勧め致します。

注意を要する頭痛について

以下のような症状の頭痛の場合、緊急を要する疾患のことが多いため、すぐに救急病院を受診すべきと考えられます。

たまがわクリニックの頭痛治療

たまがわクリニックでは、頭痛に関して詳しい問診を行うことで、総合的に頭痛の原因を類推し、適切な診断・治療に結びつけるよう努めています。
片頭痛と緊張型頭痛とが合併している場合などの場合には、症状が強い疾患から治療を開始するなど、最終的に安定した状態になるよう計画的な治療方針を立てていきます。
安易な薬物治療は薬物乱用頭痛に陥る可能性がありますので、頭痛ダイアリーを用いるなどの方法をとりながら、適切な治療を行っていきます。

また、特殊な検査や入院治療が必要な場合には、適切な高度医療機関をご紹介致します。

クリニック概要

クリニック名
たまがわクリニック
所在地
〒241-0814
神奈川県横浜市旭区中沢1-46-7
二俣川クリニックモール 3F
電話
045-365-6677
FAX
045-365-6678
最寄駅
相鉄線「二俣川駅」より徒歩約7分 

内科・神経内科 診療時間

  日祝
9:00~12:00 - -
14:00~18:00 - 16:30
まで
-

休診日:木曜・日曜・祝日

漢方内科 診療時間

  日祝
9:00~12:00 - - -
14:00~16:00 - - - - -

ACCESSMAP

アクセスマップ

専用駐車場・エレベーター・車いす用トイレ完備


※土曜日は予約制となります。

土曜日の初診希望の方は、電話または予約サイトよりご予約の上ご来院ください。
直接お越しいただいた初診の方は、改めて別の日の予約を取っていただくこととなります。
なお、月曜・水曜・金曜および再診に関しては、これまで通り対応いたします。

休診日:火曜・木曜・日曜・祝日

インターネット予約