痙性斜頸

診療MENU

ドクターズファイル Doctors File 当院のドクターが紹介されました

近所のドクター

インターネット予約

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

痙性斜頸について

痙性斜頸とは

痙性斜頸(けいせいしゃけい)は、首や肩の周囲の筋肉が意思とは関係なく収縮し、それによって首が曲がったまま(首曲がり症、首下がり症)となったりと、頭、首、肩などが不自然な姿勢を示してしまう病気です。その多くは明らかな原因がなく発症しますが、脳性まひや向精神薬などによって起こる痙性斜頸も知られています。
原因としては、脳の内部にある姿勢を維持するためのシステムが機能的な障害を起こすことと考えられていますが、なぜ障害を来すかについては解明されていません。
不自然な姿勢になってしまうために、患者さん本人が周りの人に対して引け目を感じ、気おくれしてしまうといった心理的な問題を招くケースもあります。
頚椎牽引や整体などのように、無理に正常の姿勢に矯正する治療法を行うと、しばしば重症化しますので注意が必要です。

痙性斜頸の症状

痙性斜頸の患者さんでは、首や肩の周囲の筋肉に強い収縮や緊張を生じており、そのために頭や肩の位置が異常になります。
具体的には、頭が横を向く、頭が横に倒れる、肩が上がる、下あごが突き出る、体が横にねじれるなどの症状であり、多くはこれらのうちいくつかが組み合わさった形で出現します。首振りなどの異常な動きが生じることもあります。また、頭の位置がずれたまま固まっていたり、歩く時や精神的ストレスかかったりした時にだけ頭の位置が変化したりというように、患者さんによって症状の現れ方は様々です。

痙性斜頸の診断までの流れ

痙性斜頸は下記のような流れに沿って、診断が行われます。

1.問診
上記のような症状を覚えて医療機関を受診すると、まず問診を受けます。家族に同様の症状があるか、職業は何か、症状が初めて出た時のきっかけは何か、以前に頭や首にけがを負った経験があるかどうか、などについて質問がなされます。
2.検査
経験のある専門の医師が、診察を行います。常に一定の姿勢を取るか、症状が強くなる要因は何かなど、丁寧に診察をしていきます。必要であれば、画像検査(頭部MRIなど)や表面筋電図検査(筋肉の収縮による電気信号を記録する)などを行い、原因診断を確認したり、どの筋肉に強い筋収縮があるかを確認したりします。
3.診断
こうした診察・検査の結果から判断し、痙性斜頸の診断を行います。原因疾患がない場合には、特異的な検査法はありません。治療にあたっては、原因がどの筋肉にあるのか、また症状の重症度はどの程度なのか、などの評価も行っていきます。

痙性斜頸の治療

痙性斜頸の治療法には、ボツリヌス療法、薬物内服治療、および手術療法などがあります。

クリニック概要

クリニック名
たまがわクリニック
所在地
〒241-0814
神奈川県横浜市旭区中沢1-46-7
二俣川クリニックモール 3F
電話
045-365-6677
FAX
045-365-6678
最寄駅
相鉄線「二俣川駅」より徒歩約7分 

内科・神経内科 診療時間

  日祝
9:00~12:00 - -
14:00~18:00 - 16:30
まで
-

休診日:木曜・日曜・祝日

漢方内科 診療時間

  日祝
9:00~12:00 - - -
14:00~16:00 - - - - -

ACCESSMAP

アクセスマップ

専用駐車場・エレベーター・車いす用トイレ完備


※土曜日は予約制となります。

土曜日の初診希望の方は、電話または予約サイトよりご予約の上ご来院ください。
直接お越しいただいた初診の方は、改めて別の日の予約を取っていただくこととなります。
なお、月曜・水曜・金曜および再診に関しては、これまで通り対応いたします。

休診日:火曜・木曜・日曜・祝日

インターネット予約